オリンピック・パラリンピックキャンプの契約締結セレモニー

2017年10月23日

オリンピック・パラリンピックキャンプの契約締結セレモニー
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まで、1000日を切りました。
 
この度、世田谷区のキャンプ会場となる大蔵運動場、大蔵第二運動場の使用期間などの詳細が決まり、先月末に世田谷区とアメリカオリンピック委員会(USOC)が契約を交わしました。
 
そして10/23には世田谷区とUSOC双方の協力並びに、日本オリンピック委員会(JOC)との協力、そして群馬県川場村が「世田谷区で実施されるキャンプ」に対して協力をいただけることの確認書を交わす契約締結セレモニーが行われました。
 
これからは、さらにオリパラ開催に向けて気運醸成も必要です。
日本の選手はもちろんのこと、キャンプでお越しになるアメリカ選手団の皆さんも盛り上げてスポーツ交流が深まるように商店街や地域の皆さんと創意工夫をしていきたいですね。

back to top