子ども子育て会議ワークショップ

2017年08月23日

子ども子育て会議ワークショップ
色々な分野の方が集まって、子育てしやすい環境を整えていこうと「第2回子ども子育て会議」が開催されました。
 
この日は、多様な働き方(働き方と子育てについて)子どもの見守り機能が付いた働く場所(コワーキングスペース)をテーマにグループに分かれて意見を出していきました。私のチームでは、お出かけ広場で携わっている方や3歳のお子さんがいらっしゃるパパさん、ハローワークでキャリアカウンセラーをしている方などなど、7名のメンバー。私もメンバーとして参加して意見を述べさせていただきました。
 
付箋を活用しての意見出し。
それぞれの立場からの意見が出され、とても有意義な意見交換ができました。
 
私自身も娘2人の子育て世代ではありますが、多様な価値観、視点で子育て観を知ることはとても大切ですね。
 
子ども子育て会議ワークショップ
意見の一部をあげますと……
・2人目、3人目が生まれるともっと子供といたかったのに認可保育園の兄弟加点がつくうちに無理やり保育園に預けた
・泣く泣くフルタイムの仕事にしている
・制度はよくなっているのに、子育てに関する制度に関する不満は変わっていない。
・地域全体で子育てをしていく仕組みを作っていかなければいけない。
など意見が出されました。
 
また、コワーキングスペースについては、特にママ(パパ)が仕事をしている間、子どもが過ごす一時託児のスペースがあまりにも狭い場合があり預けられた子どもにとって本当に良い環境か、など子ども目線での意見が多く出ました。つまり、仕事優先になり、ただ子供を預ければ良い、という視点になりがちでもあるので、子どもの視点に立った「保育の質」の担保について熱く議論されました。
 
こうしたワークショップで一緒に考え皆さんと進めていくことの大切さを改めて感じています。

back to top