日本財団パラアリーナ視察

2018年07月27日

パラアリーナ上
お台場に今年6月からスタートした
「日本財団パラアリーナ」を
区議団の仲間と視察しました。
 
パラスポーツでは競技を実施できる施設の少なさが問題になっています。
特に体育館で行うウィルチェアーラグビーや車いすバスケットボールなどの車いす競技は、床を傷つけるなどの理由で利用拒否やバリアフリーの問題で日常的な練習場所を確保するのが困難な状況と言われています。
 
さらに昨今、パラスポーツに関するイベントを実施できる体育館も不足しているとのこと。
そんな問題を解決しようと、パラスポーツ専用の新たな体育館として建設されました。
 
体育館にはボッチャ、ブラインドサッカー、車いすバスケットボールなどあらゆるパラスポーツ用のコートラインがあり、すぐに競技をはじめられる体制が整っています。
 
パラアリーナ下
エントランススペースには香取慎吾さんが「i enjoy!」をテーマに描いたパラサポオフィスの壁画を、レゴブロックで再現した「レゴ壁画」が展示されていました。
選手の皆さんのモチベーションアップにもなりそう♪
 
パラスポーツに取り組む選手の皆さんにとっては待望の施設。ただ、常設施設ではなく2022年3月までの限定施設ということでオリパラ後もうまく活用できるといいですね。

back to top