火の芸術・どんど焼き

2019年01月12日

どんど焼き
 
先日、活動地域の神明神社では毎年恒例のどんど焼きが行われました。
 
どんど焼きは、小正月(15日前後)の行事でお正月の松飾・しめ縄・書初めなどをお宅から持ち寄って燃やす、という日本の伝統行事です。
 
私は今年も消防団員として稼働しておりました。地域の皆さんと共に、それぞれの方がお持ちになったお神札(おふだ)などを燃やしていきました。火は穢れを浄め、新しい生命を生み出すと言われています。昨年を現わす漢字は「災」でしたが、今年は良い漢字がイメージされる年になりますように……
 
最後にどんど焼きのそばで焼いたお餅を地域の皆さんといただいて無病息災などを祈願しました。

back to top