小学校6年生の授業で議会の話をしました。

2017年02月28日

地元の小学6年生の社会科の授業、議会のことを話して欲しいということで、2月下旬に小学校を訪問し、短い時間でしたが「議会を学ぼう」というタイトルでお話ししました。
 
事前学習として、6年生が地域の課題をあげて、どのようにすれば改善できるか……
例えば、「違法駐輪をどうする?」「待機児童、高齢化の問題をどうする?」などなど身近な地域の問題を取り上げて何をすれば改善できるか、ということを子ども達が調べて提案型のプレゼンをしました。
いや~、子供たちの視点、スルドイ!!素晴らしいですね。勉強になりました。
 
僭越ながら私も議会、また議員としての立場から助言をさせていただきました。
つまり、子ども達が提案してくれたことは私たちが議会で取り上げて行政に訴えていることと「同じなんだよ~」ということ。
議会や、政治に関心を持ってもらえるようになるべく私もかみ砕いて説明をしました。
 
もっと、身近に感じてもらえるように私達も議会のことなどを、こういう機会に伝えていきたいです。
 
廊下には、welcomeの広報も作成して貼って下さっていました。
先生方、子ども達、ありがとうございました。
 
子ども達にも見える化された議会を目指します。
 
小学校6年生の授業で議会の話をしました。
 
小学校6年生の授業で議会の話をしました。
 
小学校6年生の授業で議会の話をしました。

back to top