ポンプ操法大会

2018年05月27日

ポンプ操法大会
今年も、ポンプ操法大会が開催され私も団員として参加しました。
(選手ではありませんが)
 
消防団は生業のかたわら、いざ災害が発生した際に、現場にかけつけて消防活動を行います。
ポンプ操法大会はこうした災害に備えて日頃行っている訓練の成果を発表するものです。
 
大会までには、団員が夜な夜な、仕事を終えて練習を積み重ねます。
私も、なるべく練習にも参加をして団員の皆さんと一緒に士気を高めて参りました。
 
ポンプ操法大会
さて、快晴のもと開催された大会当日。操法の審査は、基準タイムの他、指揮者・隊員の士気や規律迅速な行動、確実な操作、消防機械器具の取り扱い技術安全管理などを総合的に審査します。
 
しかし、私たちの分団は思わぬハプニングもあったりで残念な結果となってしまいました。
が、これまでの練習や規律を守ることの大切さ、消防器具の使い方を覚えることの重要性。
そしてハプニングが起きた時にも冷静に対応する危機管理力などを身につけておくことが大事なんだということを痛感しました!!ホント、勉強になりました~。
 
出場隊員の皆さん、団員の皆さん、お疲れ様でした~。
来年、リベンジ、頑張りましょう♫

back to top