母の日

2017年05月14日

母の日
 
15年前、上の娘を妊娠中は、ラジオのレギュラー番組を担当していたので出産ギリギリまでマイクの前でしゃべっていました。
出産後も10日で仕事復帰しなければならない状況。
今思えば、レギュラー番組に穴をあけられない、ということで必死だったな~。
当時は乳児を預ける施設もなかなか無くて常に、綱渡り状態でした。
 
あれから、仕事、子育て、家庭のあり方に悩みながら突っ走ってきました。
そして今、上の娘、高校1年、下の娘が小学6年。
それぞれ大きくなりました。
 
少しラクになったとはいえ、今でも皆さんのお力をお借りしながらの子育てです。
「本当にこれで良いのか?」
母親として十分ではないという反省。
娘や夫に懺悔の気持ちを抱く連続の日々です。
 
5月14日の母の日に娘たちからもらったプレゼントはマグカップとかわいいお花。
少ないお小遣いから、一生懸命選んでくれました。
こんな至らない母親なのに……嬉しかったです。
 
いつも私が大事にしていることは「子どもを大きく受け止めていくには、まず親自身が自分のことを認め、自らの生き方を肯定できていなければいけない」ということ。
親も悩み、苦しみ、失敗してもいいのですよね。
でも、そこには厳しい現実を受け入れて、真摯に向き合っているか否かが問われているのだと思います。
 
きっと、子育て世代のお母さんも同様に悩むことがあるのではないでしょうか。
そうした子育て世代の皆さんの力になれるよう議員として私自身も精進していきたいと思う母の日でした。

back to top