コロナ感染症対策に関する緊急要望書

2020年04月16日

先の見えない敵と闘う日々。

感染によって闘病をされていらっしゃる方が増えてきており、ご本人はもとよりご親族や関係者の皆さまがどんなにか不安な気持ちでお過ごしのことかと思うと他人事ではありません。

早く快復されますように心よりお見舞い申し上げます。

 

そして、医療従事者の方々の現場の悲痛な声。地域、地元商店街や飲食業の皆さまからの不安な声。今、私達、地域の議員は何ができるのだろう、、、、。

焦る気持ちもありますが、目の前のことにしっかり向き合い皆さまの切なる声を伺い、仮にそれがご批判であっても、心で受け止めさせていただく。

とにかく不安が払拭できますように迅速に区行政に働きかけ早急な対応をしていきます。

 

今月10日には、我が会派から区に対して20の要望をしましたが、その一部として、(実際の要望書はもっと具体的)

・商店街、事業者への経済的な具体的な措置、支援をすること

・食品、日用品、衣料品の供給が滞りないよう区として支援すること

・風評被害の防止に努めること

・事業者の相談、融資受付窓口の拡充、迅速に対応すること

・各種制度をわかりやすく広報し、利用が促進される体制を確実にすること

・小中学校オンライン学習機会の確保、整備を早急にすること

・公共を支える職員の感染を防ぐための対策強化に努めること

・わかりやすい情報発信をすること

 

あらゆる角度からの要望を区長に手渡し、文字では表現できない現場の切実な声をぶつけました。

また、区では対応できない要望であっても、東京都や国に積極的に働きかけて確実に対応して欲しいということを訴えました。

 

そして先日14日には、飲食業組合の方が独自で要望書を提出したいということで、副区長とのセッティングをさせていただき、同席をいたしました。

ご存知のように飲食業においては自粛による大打撃を受けており「存続できない、もうお店をたたまなくてはいけない」など存亡の危機にさらされているお店も出てきています。

この苦難をなんとしても抜け出せるように支援していきたと強く思っています。

back to top